美味しい「牛スジの煮込み料理」を作るなら……。

牛スジの煮込みはトロトロのプリプリで何とも言えない歯ごたえと牛肉の風味がたまりません。またそれだけではなくコラーゲンがたっぷりで美容に良いといわれています。

居酒屋などに行くとどうしても注文したくなったしまう一品です。

牛スジの煮込み料理はじっくりと煮込まないと硬く噛みきれませので、家庭で作るとなると手間がかかるというイメージがあるため、居酒屋などのお店に行ったときに、ここで食べなければ食べる機会がないぞ……と思ってしまうのかもしれません。

s.a(^o^)さんによる写真ACからの写真  

スポンサーリンク



しかし居酒屋で提供される牛スジの煮込みは量も少なく結構なお値段もします。

おうちで牛スジの煮込みを作ってたっぷりと食べてみたいと思いませんか?しかも居酒屋で食べるよりももっと美味しく……。

そんな牛スジの煮込みを美味しく作るにはどうしたらよいのでしょうか?

 

牛スジの煮込みは、ちまたで紹介されているレシピ通りに作れば誰でも簡単に作れますが、肝心なことは煮込む前にしっかりと牛すじを洗い、煮込んでいる間にもこまめにアクをとる下ごしらえの手間暇を惜しむことなく行うことです。

なぜこれを怠ってはいけないかというと、長い時間煮込んでいるとアクの臭みまで一緒に煮出されてしまうからです。これではせっかくの美味しい牛スジ料理も台無しです。

臭みの原因となるアクをきちんと取り除けば、牛肉の美味しそうな香りを引き立たせた牛すじ煮込みが作れます。

黒毛和牛の牛スジ肉ともなるとこの作業は不要で、短時間でトロトロになりますが、念のためアクだけは取り除いています。

これらの下ごしらえの作業をしっかり行なえばすでに80%くらいは美味しい牛スジ料理が完成したも同然です。

ここまでの下ごしらえの段階までをいっぺんに大量に作って、それを小分けにして冷凍し、使いたい分だけ解凍して煮込み料理を作ったり、おでんやカレーを作るときに使ったりすると便利です。

スポンサーリンク



居酒屋より美味しい牛スジ料理を作りたいと思ったら、やはり牛スジ肉の素材です。

品質の低い牛肉からトリミングされた牛スジ肉は硬めで、黒毛和牛の牛スジ肉となると柔らかく旨味のダシもよく出ます。

煮込んでしまうのだからどんな牛スジ肉でもいいや……ではないのです。

 

居酒屋ではそんなにグレードの高い牛スジは使用してないことでしょう。

スーパーマーケットで購入する牛スジ肉は、いろんな品質の牛スジがごちゃ混ぜに入っていると考えた方が良いでしょう。

せっかく家庭で手間暇かけて作るのですから美味しい黒毛和牛の牛スジ肉だけを使って調理したいものです。

ぜひともおすすめしたいのが、あの世界に誇る神戸牛のスジ肉です。

黒毛和牛のスジ肉もネットでたくさん出回っていますが、神戸牛のなのにお値段が他の黒毛和牛に牛スジ肉と変わらないどころか少し安いのではないでしょうか?

これは絶対におすすめの逸品です!

ご家庭で牛スジを大量に下ごしらえして、トロトロでプリプリの牛スジの煮込みやおでん、カレーなど美味しさをたっぷりと堪能してみて下さい。

神戸牛 究極のすじ肉 400g【送料無料】はこちらから

スポンサードリンク

関連コンテンツ



コメントを残す




CAPTCHA