神戸牛スネ肉がたっぷり入ったビーフシチューで贅沢三昧!しかも格安!

レストランなどでビーフシチューをオーダーすると、牛肉が小さくて……
美味しいんだけど、いまいち満足できない…。そんな風に思ったことはありませんか?

であるならば、美味しい牛肉を買ってきて、牛肉がたっぷり入った「ビーフシチュー」を自分で作ってみませんか?

しかも世界に誇る黒毛和牛「神戸牛」の美味しいお肉でシチューにしたら、最高に美味しいビーフシチューを自宅でたっぷりと堪能できますよ!

スポンサーリンク



そもそもビーフシチュー用のお肉はどんなものが最適なのでしょうか?

牛肉を使う料理にはそれぞれの料理に適した牛肉の部位を使う必要があります。

ロース(サーロイン・リブロース)はステーキとしての王道がありますが、シチューにするとロースの美味しさの特性を最大限生かすことができませんし、モモ肉をシチュー用にするとボソボソのパサパサになって旨みがなくなってしまいます。

脂肪分が比較的少ないバラ肉は煮込み料理には最適ですが、それよりももっと煮込み料理に最適な部位があります。それはスネ肉です。

 

スネ肉とは、ご存じかとは思いますが前足・後足のスネの部分で、人間と同じ筋肉質で、お肉の間にいくつものスジが入り乱れるように入っています。

ですから、ステーキや焼肉用として食べるには、肉質も中のスジも硬くて噛みちぎれない部分ですが、煮込んでシチューやカレー用にすると、お肉が柔らかくなり、コラーゲンをたっぷり含むスジがとろ~りやわらかくなりプリップリな美味しさに変わります。

 

「牛すじの煮込み」料理……とっても美味しいですよね!その「牛すじ」と一緒に「お肉」をたっぷりと味わえる部位なのです。

スネ肉はシチューにすると、絶品の美味しさに変わるのです。

スポンサーリンク



スネ肉を美味しく煮込むコツは、          

圧力鍋があれば短時間で美味しくできるのですが、なければ時間をかけて「弱火」でコトコト煮込むと柔らかいお肉になります。強火で煮込んでしまうと硬くなってしまう可能性がありますので要注意です。

 

でも、神戸牛ってお値段が高いのでは……       

と思いますよね!……心配ご無用です。牧場と精肉店が一貫していて、生産と販売の両方を一貫して行い、中間に卸売業者が入らず産地直送してくれるので、余計なコストが掛からず格安で購入できる生産販売業者があるのです。

お値段の安い国産牛のスネ肉もありますが、スネ肉となるとサーロインなどの高級部位と違って神戸牛も国産牛もそれほどお値段の開きがありません。

せっかく美味しいビーフシチューを作るのですから旨味がたっぷりと堪能できる神戸牛を味わってみたいものです。

最も美味しいといわれる神戸牛の「スネ肉」の部位を使って、牛肉がゴロゴロとたっぷり入った「ビーフシチュー」で贅沢三昧してみましょう。

神戸牛 スネシチュー用(500g)の詳細はこちらから 

スポンサードリンク

関連コンテンツ



コメントを残す




CAPTCHA